忍者ブログ
「 Travel 」
12月10日に期末試験が終わって、既に2週間余りが経った。
それなりにイベントもあったが、性分なのか、家にじっとしていると何かしたくなって、かえってのんびりできない。
そこでクリスマスイブに急遽思い立って、長女の誕生日である12月26日から、2泊3日の小旅行をすることにした。クルマで行ける範囲で、手頃な価格でのんびり過ごせそうな場所は・・・と調べた結果、New Hampshire北部のWhite Mountain地方に行くことにした。ボストンからハイウェイを北上すること3時間ほど。もうこの程度の距離なら、近いものだと感じるようになってしまった。
宿泊したのは、Whitefieldという町のはずれにあるThe Mountain View Grandというホテル。
PIC_0688.JPG
以前にBerkshire地方に旅行したときと同じく、National Trust for Historic Reservation認定の歴史的ホテルで、創業は1865年というから、明治維新よりも古い。丘の上に立つホテルからは、White Mountain地方の山々が360℃見渡すことができる。普段なら一泊400ドル/部屋ほどするところを、中途半端な時期だからか一泊200ドルほどで宿泊でき、お得だった。

もっとも、ゲレンデをそなえているわけでもないので、それほどやることが沢山あるわけでもない。スキーはクロスカントリーしか備わっておらず、ゲレンデスキーをやるには30km余り離れた山まで行かなければならない。
そんなわけで、初日はタイヤ型のソリを借りて1時間ほど遊ぶ。
PIC_0686.JPG PIC_0699.JPG
子供(特に長女)は大喜びだったが、毎回雪に足をとられながらソリを運び上げなければならない親にとっては、結構な労働である。
PIC_0687.JPG

二日目は朝からスノー・モービルを借りて遊ぶ。
「君子は危うきに近寄らず」型の我が娘、こういうものに興味を示すと思わなかったが、なにげなく「乗ってみる?」と聞くと「乗る」と言ったので、ガイド・ツアーをお願いした。
ヘルメットを被って、出発の準備。頭は大きい方だが、幼児向けのヘルメットがなく、さすがに大きい。
IMG_1857.jpg IMG_1860.jpg
スノー・モービルには、私の足の間に娘が座るかたちで、二人乗りをする。White Mountain地方は、東海岸で最大のスノー・モービル許可地域らしく、走行可能な林道が整備されている。普段みられない独特の目線で、1時間ほど雪景色の中を散策する。
娘は終始おとなしく、恐怖で固まっているのかと心配もしたが、戻ってみると母親に対して誇らしげに様子を語っていたので、まあ良い思い出になったのだろう。少なくとも、挑戦したのは良いことです。
PIC_0694.JPG IMG_1861.jpg

その後は天候が崩れがちだったこともあり、室内プールに入ったり、部屋でごろごろしたり、ずっとホテルの中で過ごす。ホテルは暖炉が置かれたロビーや図書室など、落ち着いた過ごしやすい設備になっていて、部屋も比較的広く、2泊3日くらいならずっと中にいても心地よく過ごせる。これで一泊一室2万円なら決して高くはないと感じた。

長女の誕生日である26日の夜は、ホテル内のフォーマルなレストランでディナー。
事前に相談していた誕生日ケーキが用意されていなかったのは残念だったが、彼女の大好きなチョコレートのデザートにロウソクを立ててもらって、ささやかなセレモニー。彼女の中では先日のお誕生日会でもう3歳になっていたようで、「今更何いってるの」というような表情にも見えたが、お祝いしてもらう分には悪い気はしなかったようだ。New Hampshireという単語も、すっかり覚えたらしい。

米国らしい、なかなか素敵な小旅行であった。


PR


秋学期の毎月一回月曜日お休みシリーズ第二弾として、11月10日は休日。
そこで日曜日から一泊で、マサチューセッツ州の西部にあるBerkshire地方を車で回ってきた。
地図でみると横長の長方形のような形をしているマサチューセッツ州は、ボストンを中心とする東部の海岸地域と、ニューヨーク州やバーモント州との州境に近い西部内陸地域とでは、自然の景観や人々の暮らし方が大きく異なる。中でもBerkshire地方は、山や森、湖などに覆われた自然豊かなリゾート地で、多くの芸術家をひきつけてきた場所でもある。既に紅葉の時期は過ぎてしまったが、一面が雪に覆われる前に、落葉した木々の間を美術館などに立ち寄りながらドライブするのも面白いかな、と期待して旅立った。

夏場はタングルウッド音楽祭が開かれることで有名なこの地方であるが、音楽だけでなく絵画についても見るべきところが多い。まあそれほどヘビーな絵画鑑賞家でもないし、家族連れということもあって、我々が訪れたのは2箇所だけ。
一つはThe Eric Carle Museum of Picture Book Art。Eric Carleは、我が家の娘も大好きな「はらペコあおむし」などの作品で知られる絵本作家・イラストレーターである。何もないところにポツンとある美術館だが、Eric Carleの作品を展示してあるだけでなく、併設された図書室で彼の著作をはじめとする絵本を読んだり、アトリエで製作活動に取り組んだりすることができ、子連れならついつい長居してしまうコンテンツになっている。シンプルなつくりの建物からは周りの自然が一望でき、大人でも居心地良く過ごすことができる。
IMG_1582.jpg IMG_1575.jpg
訪れたときには日曜日というのに入場者は家族連れ10組もおらず、とても入場料や物販収入(ショップでは版画や絵本を豊富に取り揃えている)だけで成り立つと思えないが、入り口近くの壁には寄付者のリストが・・・。企業ではなく個人の寄付や支援でこういう施設が成り立つというのは、米国の素晴らしい点の一つであろう(まあそれだけ所得格差が大きく、金持ちはトンデモなく金持ちだ、ということなのだが、それでも日本人だとなかなかここまで寄付できないように思う)。

もう一つは、恐らくこの地方で最も有名な、Norman Rockwell美術館。彼が晩年を過ごしたBerkshire地方のStockbridgeの街なみを描いた作品や、歴代大統領のイラスト、雑誌の表紙にあてた作品などが、彼のアトリエの隣に建てられた瀟洒な建物に保存、展示されている。
展示された絵やポスターももちろん素晴らしいのだが、それ以上にこの美術館とアトリエの置かれた場所の素晴らしさが印象に残った。見晴らしの良い丘の上の土地が選ばれており、窓を大きくとった山小屋風のアトリエからは、Berkshireの清清しい自然が堪能できるようになっている。創作活動というのはこういう場所でやりたいものだ、と勝手に納得してしまう。
IMG_1603.jpg
ちなみにこの美術館には、近畿日本ツーリストかどこかの催行による日本人ツアー客も訪れていた。渋いツアーもあるものである。

宿泊したのは、Rockwellも住んだStockbridgeのホテルRed Lion Inn。18世紀の駅馬車時代の宿に始まる老舗で、タングルウッドに小澤征爾を訪ねられた際に今の天皇・皇后両陛下がご宿泊(もしくはご休憩)されたこともあるらしい(写真が飾ってあった)。建物は古いがしっかりメンテナンスされており、サービスも行き届いていて、素晴らしいホテルであった。この地方を訪れることがあれば、是非オススメしたい。

二日目は、ニューヨーク州との州境に沿って南北に長いBerkshire地方を南から北へ縦断し、自然と風景を楽しむ。何か特別なものがあるわけではないのだが、本当に絵になる風景が惜しげもなく車窓を流れてゆく。心が洗われる思いがした。

ボストンの近場でも、まだまだ見るべき場所は多いということを再認識させられた旅であった。




秋学期は、毎月1回は、月曜日が休日になる。
10月はColombus Day、11月はVeterans Dayで、いずれも第二月曜日。祝日のない9月も、Student Holidayとして22日が休みになっている。今年は金曜日に需要を入れていないので、月曜日が休みになると4連休である。
行楽の秋、じっとしている手はない。

というわけで、秋学期の家族旅行第一弾として、カナダ・ケベック州を車で回ってきた。
32bab6c1.jpg
19日 Cambridge ⇒ Quebec City (約7時間+休憩)
20日 Quebec City ⇒ Tremblant (約4時間+休憩)
21日 Tremblant ⇒ Montreal (約2時間+休憩)
22日 Montreal ⇒ Cambridge (約5時間半+休憩)
という、総走行距離約1,000マイル(1,600km)の行程である。

初日は、高速道路をひたすら北上し、陸路国境を越えてセント・ローレンス川の南岸をさらに北上、ケベック・シティーに向かう。
沿線の景色は、期待したほどではなかった。米国内はまだ道も良く、途中州立公園を抜ける場所などがあり、目を楽しませてくれたが、カナダ領に入ってからは舗装が悪く、沿線の風景も貧相。地図でみるとセント・ローレンス川に沿って走っているようにみえる道も、実際に走ってみると川は全く見えない。ドイツのライン川沿いの道のような、川面と森に挟まれた道を想像していたので、正直がっかりした。
しかしケベック・シティーは、異国情緒たっぷりで、そんな落胆を十分に癒してくれた。北米には極めて珍しい(というか米国・カナダでは唯一の)城壁都市で、1608年設立というから、1630年に清教徒がボストンやケンブリッジの町を開いたのよりも古い。街並みもヨーロッパ風で、英国風のボストンとは明確に異なり、散歩が楽しい。
a60c44f5.jpg
宿泊したのはLe Château Frontenacという古城ホテル。セント・ローレンス川、旧市街、河港を見下ろすロケーションにある超人気ホテルで、日本からのツアー旅行でも目玉として組み込まれていたりするらしい。5-6階建、半径50メートルほどの回廊型の建物と、その中央に15階ほどの高さの城館が配置されていて、とにかく巨大。ホテル内を案内するツアーは50分を要するという。お値段も子連れで泊まれる部屋となると一室500ドルを軽く超えたが、従業員のサービスも良く、満足。
bf38a7a3.jpg

二日目はセント・ローレンス川の北岸を南西に進み、モントリオールの北郊をかすめつつ、北に折れてスキーと紅葉の名所ローレンシャン高原に向かう。高原の最も奥(つまり北)にあるTremblantは、日本で西武グループが開発した苗場のような、地場の大手デベロッパーが開発したリゾート地。しかし、当地の休暇の過ごし方の違いも影響しているのだろうが、日本のスキーリゾートに比べると長期に滞在しても楽しめるように、工夫が凝らされている。
25d5c59e.jpg
西武グループなどと異なり、デベロッパー自体は賃借モデルに特化していて、ホテルやレストランは皆テナントとして入っている。但しリゾート全体としての景観を損なわないように、ホテルなどの建物を含めた町全体のハコモノはデベが開発しているようで、自然に、かつ機能的にできている。地下に張り巡らされ各ホテルのロビーに直結している共同駐車場などは、デベのリーダーシップがなければ建設・管理できないだろう。また自然を活かしたアトラクションも豊富で、オフシーズンでもそれなりに遊べる。ホテルも、ウェスティン、ヒルトン、マリオットなどの有名ホテルチェーンが一通り入っていて、それらが競争することで良心的な価格とサービスが提供されている。我々が滞在したヒルトンの部屋(写真)はロフト式で、1階にはキッチン、ダイニングテーブル、ソファーなどが備え付けられ、ロフトにベッドが配置されていて、非常に広々としていた。これで朝食付きで一部屋175ドル。オフシーズンとはいえ、実にお得である。
72051e51.jpg

三日目は山を降り、モントリオール市内へ。
モントリオールはカナダで二つしかない100万都市の一つで、万国博覧会、オリンピックも開催されたことのある「世界的大都市」である。しかし旧市街は古いフランス式の街並みを残し、どこか枯れたような印象を受ける。
宿泊したのは、その旧市街にあるSaint Sulpice Hotel Montrealというホテル。独立系のホテルで、インターネットで知って訪れたのだが、これが素晴らしかった。恐らくこれまで200近いホテルに泊まったと思うが、設備・サービス・値段のバランスにおいてその中でも(日本の旅館を除いて)トップ3に入るだろう。部屋はいずれも非常にゆったりと作られており、我々の部屋もベッドルームとリビングが分かれていた。内装やアメニティーにも細かい気遣いがみられ、過ごしやすい。従業員のサービスもプロフェッショナルながら温かみがあり、非常に気持ちが良い。モダンなレストランでのビュッフェ式朝食がついて一室200ドルちょっと。一人当たりの値段ではないかと疑ったほどである。
そしてこれはケベック・シティでもそうだったが、夕食は素晴らしかった。家族連れでも入れる、一人50~70ドルのレストランを利用したが、素材、味付けとも最高。米国の生活でこうしたものへの期待値が下がっているからかもしれないが、とにかく満足度が高かった。
最近はそうでもないらしいが、米国人はカナダ人を多少低く見るというか、小馬鹿にしたようなところがある。かつてコンサルティング・ファームの新人トレーニングで、同じチームになったテキサスのやんちゃ坊主がカナダ人チームメイトをからかって、危うく暴力沙汰になりかけたこともある。しかし、レストランやホテルなどのサービス業の質は、カナダ(ケベック、といったほうが正確か)の方が比較にならないほど高い。フランス文化の影響、という説明がそれなりにもっともらしく聞こえるが、それだけだろうか。これだけ地理的に近いのだから、米国も、少なくとも都市部だけでも良いから、こうしたサービス業の質に倣ってほしいと思うが、それは英国人にフランス人のようになれというような無理難題なのだろうか。

四日目、モントリオールを後にして南下、国境を越えてバーモント州に入ったが、昼食は選択の余地なくマクドナルド・・・。そのときの気持ちは、恐らくお察しいただけるだろう。




10週間のサマーインターンを終え、8月16日にボストンに戻ってから、同じ飛行機でボストンを訪れた両親を案内しつつ、フェンウェイパークで野球観戦、ボストンの南東に浮かぶMartha's Vineyard島への小旅行、ボストン交響楽団の夏季演奏地タングルウッドでの音楽鑑賞と、短いボストンの夏を駆け足で楽しんでいる。
そしてその勢いで、21日から3泊4日で、ニューヨークを訪れた。今回の留学のために米国に住むようになってからは、初めてのニューヨーク。仕事で何度か訪れたことはあったが、時間的余裕、地理的理解が乏しかったことと、いずれも冬場であまり外を歩く環境ではなかったことなどから、所謂観光も今回が初めてである。3世代6名でぞろぞろと動き回ることになったが、想像以上に面白かった。いくつか、ハイライトを記しておきたい。

摩天楼
狭いマンハッタン島にビル群がひしめく姿は、やはり壮観。
今回はボストンから車を自分で運転して街に入ったので、ハイウェイが大きく旋回してブロンクスに入ったあたりでまず前方にビル群の北端が見えてきた。おお、着いた、という直線的な感動がある。
到着後さっそく登ったロックフェラー・センターのGEビル(高さ259m)からは、夕暮れ時のビル群が目線の高さから下にみえて、これも絶景。南には夕陽を浴びたエンパイヤ・ステート・ビル、その向こうにウォール街、後ろにはヒルトンやプラザなどの有名ホテル群の向こうにセントラル・パーク…。まさに米国資本主義の象徴、あるいは現代版城郭都市(壁は石やレンガではなくカネで出来ている)、という風景。
自由の女神のあるリバティー島からのマンハッタン島も、エネルギーが常に臨界点まで高まった途轍もない物体に見える。銅板を張り合わせて作られた自由の女神そのものよりも、彼女はいつもこういう景色を見つめているのか、ということにちょっと感動した。

Ground Zero
事件が起きた2001年9月11日のそのとき、私は当時勤めていた会社の独身寮に、仕事を終えて帰ってきたところだった。テレビをつけると、確かニュースステーションだったと思うが、いつもならスポーツニュースをやっているくらいの時間帯なのに、黒煙を上げるワールドトレードセンタービルの映像が流れっぱなしになっていた。放送予定が変わって映画でもやっているのかと思ったが、音声は久米宏の声だった。何が起きたのか良くわからず、ネクタイを外しながら画面を見ていると、二機目の飛行機が無事だった方のビルに突入した。ライブ映像だったかどうかは定かではないが、なにか非常に恐ろしいことを、リアルタイムで見ているようで、阪神淡路大震災の記憶やいろいろなものが頭を巡り、金縛りにあったように暫く動けなかったことを覚えている。
その悲劇があった場所は、あれから7年も経つのにまだ建物がなかった。数mの距離からその大きな空白地を肉眼で見ると、広島の原爆ドームを見たときにも感じたような、静かで深い衝撃があった。

Central Park
映画でも良く出てくるし、一時はまっていたドラマ「フレンズ」にも登場する広大な公園であるが、実際に歩いてみると、想像とはまったく異なっていた。
まず、でかい。大きいとは思っていたが、それよりさらに随分と大きい。
そして作りが複雑。ロンドンのハイド・パークのような、あるいは東京の代々木公園のような、ほぼフラットな土地に広々とした芝生が広がる公園を想像していたが、実際は起伏が大きく、巨石が転がっていたり、木々が鬱蒼とした場所があったりと、忙しく変化している。想像を肯定してくれるような芝生の広場もあったが、それ自体は思ったほど広くはなかったりした。
それでも憩う人の密度が適度で、居心地がいいのは、やはり全体がそれだけ大きいのと、適度な規制(バーベキューをしない、など)が行き届いているためだろうか。

Grand Central駅
これも映画に良く出てくる、マンハッタンを代表する歴史的建造物である。歴史的、といっても150年ほどの歴史しかないが、駅としてはかなり古い方であるし、歴史のない米国はこういうものを大切にしている。外観もさることながら、中央ホールの威容は圧巻。広大な大理石の床、その125m上のドーム型の天井には、プラネタリウムのように星空が描かれている。
地下にあるシーフードレストランで夕食をとった。最近丸の内にも出店した人気レストランであるが、やはり「本場」は雰囲気も味も違う。

Blue Note
高校生くらいからジャズを聴くようになり、かつては東京でもよくライブを聴きに行っていたが、コンサルタントになってからはなかなか時間が取れなくなり、「本場」米国に渡ってからも子連れではなかなか聴きにも行けず、暫くライブから遠ざかっていた。
しかしニューヨークまで来て「何も」聴かずに帰るのは、あまりにも惜しい。数年前に仕事で来た際に訪れたライブは、店の雰囲気も音楽も、素晴らしかった。しかも調べてみると、ブルーノートにラリー・カールトンが来ているという。これは是非とも聴きに行きたい!というわけで、両親に子供を預かってもらい、妻とブルーノートへ。最高でした。

Visiting a Friend
最後の夜は、友人の家に招かれて、夕食をご馳走になった。
「通常の」年であれば、夏のニューヨークはウォール街でインターンをするビジネススクールの学生が多く集まっているのだが、今年は折からの不景気で投資銀行は採用意欲が悲惨なほど乏しく、スローンからニューヨークに来ている学生も驚くほど少ない。それでも同じ寮に住むチリ人のA君は、母国語のスペイン語に加えて英語、フランス語も出来るという語学力が評価されて、フランス系の銀行にインターンの場を得ていた。彼はコロンビア大学の寮を夏の間だけ借りて住んでおり、そこに招かれたのだった。
久しぶりに会う友人との会話、心づくしの手料理も嬉しかったが、「ニューヨークで友人の家に行く」というタテツケが、田舎者にはミーハー心を擽られるようで、何ともドラマチックだった。


明日からはまたボストンでの生活が始まる…。

会津路を、通り抜けてみた。

ふと、北に行きたくなったのが、理由といえば理由だった。日本の夏の一つの週末も、すぐ米国に戻ると思うと貴重なものに感じられ、その気持ちが身体を急き立てたのかもしれない。かつての記憶で、鉄道で郡山から会津若松を経て奥会津を縫い、越後湯沢の方に下りてくる、というコースなら、一日で会津路を抜けて帰ってくることが頭にあった。鉄道の時刻を調べてみると、まだその記憶が有効であることはすぐにわかった。

朝7時過ぎに自宅を出て、東京駅から郡山まで新幹線に乗り、ローカル線で会津若松に向かう。観光客を集めようとときどきSLの走る閑線だが、夏休みの親子連れなどでそれなりに賑わっていた。
走り始めるとすぐに、単線の線路は緑に包まれるようになった。郡山盆地から猪苗代湖畔を経て会津盆地に至る磐越の道はそれ全体が連続的な盆地のようで、常に大小の田園風景が目を離れることがない。途中、磐梯熱海や中山宿のあたりで両側に山が迫ってくるのがもっとも狭隘なくらいで、それすらも大らかなものである。

列車は1時間と少しで会津若松駅に入った。
古くは当地の豪族蘆名氏の拠点として開かれ、戦国の頃は奥州最大の都市であったという。伊達政宗に征服されて同氏の拠点となったが、豊臣秀吉の世となってから近江の蒲生氏郷が移封されてきた。伊達氏の勢力をそぎ、あわせて秀吉も恐れた才覚の持ち主である蒲生氏郷を畿内から遠ざけるという意図であったと、司馬遼太郎か誰かの説で読んだ記憶がある。ともかく、氏郷の町造りの才覚と彼が率いてきた近江商人が町を更に発展させたようで、町には今でも氏郷を偲ぶ史跡が大切に守られている。
今では人口13万人弱の東北の一地方都市に過ぎず、区画の整えられた市街地には、中心部でも人の往来があまりみられない。タクシーの運転手氏にきいても、景気は昨年秋頃から一向に好転しないという。「不動産や建設業がダメです」という彼の言葉のとおり、町には土木・建築工事の類がまったくみられない。氏郷が育て上げた商業と手工業の町も、高度経済成長期に日本の地方都市の経済パターンに染め上げられたようで、工事がないと経済がもたないのだろう。
運転手氏に案内してもらった馬肉専門店で昼食をとった。馬肉で有名な若松でも珍しい、馬肉の専門店だという。確かに、桜寿司、刺身、桜カツ、桜唐揚げ、桜鍋と、馬肉料理ばかりがメニューに並んでいた。
カウンターで刺身を喰いながら、食用の馬がどこにいるのかと何気なく聞いてみたら、正直な親父さんは、「北海道かカナダだねえ」と白状された。

食後、駅に戻り、再び鉄道に乗る。
只見線というローカル線で、奥会津を抜けて越後は魚沼の方に向かう。只見川に沿って奥会津を縦断する無電化路線だが、一日に3往復しかないという、「筋金入り」のマイナー路線である。二両編成のディーゼル列車は、乗客のおそらく半分以上が、いわゆる「鉄道マニア」と思しき方々。列車がホームに滑り込んできたときから、忙しそうに写真を撮っている。
列車は、そんなことは百も承知、というように、定刻にゆっくりと走り始めた。稲の葉と畦の青々とした風景が美しい夏の会津盆地を、そっと走り抜ける。会津の田園風景は、思いのほか広々として、豊かであった。下品な看板や軽薄な商業施設も少なく、映画のような日本の田園が広がる。
1時間足らずで盆地の南端に至った列車は、やがて樹木の陰に吸い込まれるように、只見川沿いに奥会津へと入っていく。車内に、冷房機はついていない。天井にぶら下がった扇風機と開け放たれた窓から入ってくる風で涼をとるようになっている。ときおり入ってくる草の匂いが、なんとなく嬉しい。
奥会津は、こういっては失礼だが、なにか世俗から忘れ去られたような一帯である。谷に沿った斜面を懸命に削って得た狭い土地に、ひっそりとした集落と田畑が置かれている。会津漆器のもととなる檜をとったり、建設資材を掘り出したりする産業もたまにみられるが、それらも只見川がダム湖にかわるころにはすっかり姿を消す。鉄路はダム湖の湖畔をかすめ、トンネルで山を貫き、鉄橋で渓谷を渡って、奥へ奥へと入ってゆく。窓からの空気が、ますます心地良くなる。源平から戦国までのどこかの戦いで敗れた武士が落ちてきたような集落がときどき姿をみせ、そこに駅が置かれている。鉄道の貢献がどの程度かはわからないが、真っ先に過疎化が進みそうなこの辺鄙な土地ながら、集落にはそれなりに活気があり、かつ興をそぐチェーン店の看板も見られず、余所者が眺めるには実に美しい景観となっている。夏の初めにイタリアを旅行したとき、なぜ彼の地はあれほどまで美しく、日本はそうでもないのだろうと恨めしくも思ったが、これを見ると日本もまだまだ捨てたものではない、とあっさり考えを改めてしまう。要するに、建設工事の資材や重機に乏しい昔は、自ずから自然に調和した美しい色彩と形態の集落ができて、それから余計な経済的余裕がそれを壊さなかった地域は、どこでも美しい景観が残っている、ということだろう。

会津若松を出てから3時間半ほどだったろうか、列車は只見駅に入る。
只見盆地という、四方を山に囲まれた伊賀の隠れ里のようなささやかな平地の端に、ひっそりと駅舎が立っている。山を背景に立つ列車の姿は、確かにマニアならずとも写真を撮りたくなるような絵である。
奥会津の最深部であろうこの町は、なんともいえない素朴な美しさで、子供の頃に見た(つまり今ほど脚光を浴びる前の)湯布院のような雰囲気すら感じられた。温泉もあるらしい。また一度ゆっくりと訪れてみたい。

只見盆地から先、線路は会津を抜け、越後に入る。30分ほど、まったく人家をみない一帯を抜けるあたりは、「国越え」という言葉が頭に浮かぶ。
その後はほどなく、終点の小出に至る。
さすがに尻と腰が痛んだが、まったく退屈のしない車窓の旅であった。
 



PREV1 2 3 4 5 6 7 8 9 | NEXT
CALENDAR
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH