忍者ブログ
「 Day 1 ...期待と違和感と 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


家族で米国ボストンに到着。

午後3時ごろ、ほぼ定刻どおりにボストンのローガン空港に到着した。長旅で、妻も1歳半の娘も疲れていないはずはないが、それでも思ったより元気でほっとする。何度か仕事で来たことのある空港だが、そこに家族、特に幼い娘と一緒にいるのには、なんとも言えない違和感を覚えた。

荷物を受け取り、タクシーで移動。特にトラブルはない。旅の疲れと準備の必要性から、初日だけはホテルをとっていた。ホテルはちょうどアパートから1ブロック西。車は海底トンネルを抜け、Charles Riverを渡り、Kendall SqからMemorial Driveに入る。街路樹に飾られた道の右手にはMITのキャンパス、左手にはCharles River。これからの2年間で数え切れないほどみるであろうこの光景には、やはり期待を高まらせずにはいられない。

ホテルにチェックインし、シャワーを済ませ、家族が休む間に一人でアパートの確認に出かけた。管理人(と言っても学生だが)から鍵を受け取り、部屋に行ってみる。Westgateと呼ばれるMIT附属の大学院生用アパートは、20階近くある高層棟と3階建ての低層棟から成り、自分が借りた家族用の2ベッドルームタイプは低層棟になる。階段で3階にあがり、自分の部屋のドアを開けてみる。当たり前だが何一つ家具のない部屋は、リノリウムの床とペンキで塗りたくられたコンクリートの壁が、ひんやりとした空気を作っていた。内庭に面して端から端まで窓ガラスをはめられたLDKからは、青々と茂った真夏のボストンの広葉樹が一面に広がる。ここにどういう部屋が形作られ、どういう生活が送られるのか、まだ想像がつかなかった。

PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
URL

PREV - MAIN - 
CALENDAR
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH