忍者ブログ
「 Travel 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



サファリ4日目、この日はンゴロンゴロ保全地域のクレーターの中に入る。

ンゴロンゴロは、大昔の火山活動でできたカルデラで、標高1,800mほどの円形の平地を、標高2,400mほどの外輪山が取り囲んで出来ている。東西約19km、南北約16kmで、カルデラとしては世界有数の規模を誇る。全体の大きさだけでいうと日本の阿蘇カルデラ(東西約18km・南北約25km)と同じような規模だが、外輪山に囲まれた盆地が非常に平坦なので、感覚的には阿蘇よりも大きく見える。そしてその盆地に、東アフリカのサバンナで見ることのできるほとんどの動物が生息している。セレンゲティに比べると、キリン、インパラ(食料となる木や茂みが少ない)、ワニ(外輪山を越えて来られなかった)などはいないが、希少なクロサイを見ることができるのが特徴である。人の立ち入りも慎重に管理されており、盆地の中に降りる道は3本しかない。もちろん、盆地内での居住や商業活動は禁止。マサイ族もここにはいない。ホテルも全て外輪山の上に建てられている。まさに動物の楽園として保全されているのである。

そんな背景からか、ここの動物たちは、セレンゲティのそれ以上に人の存在を気にしない。シマウマやヌーも、警戒心が薄れているのか、あまり密な群れを作らず、広く散在している。サファリの車は予め整備された道(もちろん未舗装)しか通ることが許されていないのだが、その道で動物たちがゴロゴロしていて、なかなか進めなかったりもする。ただ時間に追われないサバンナの散策では、そんなこともご愛嬌。天井の開け放たれたサファリ用四駆車で風を受けながらのんびりと行く。
IMG_2802.jpg IMG_2795.jpg
盆地にはいくつかの小さな池と大きな湖がひとつあって、湖にはこの時期、フラミンゴが飛来している。ここを含めて3箇所ほどを、季節に応じて移動しているそうだ。運転手のセレマニが遠くの湖を指差して、「あそこにフラミンゴがいる」と教えてくれたときは、なかなかわからなかったが、徐々に近づいてゆくと、何となくピンク色に見えた湖面が、実は無数のフラミンゴに埋め尽くされていることに気づかされる。とにかくもの凄い数である。またそのすぐ脇を、シマウマやヌーが徘徊しているという構図も、アフリカらしくて面白い。
IMG_2821.jpg IMG_2818.jpg

セレマニの運転技術は大したもので、窪地や小川も器用に乗り越えてゆく。それでも、大雨が降って道がぬかるむと、タイヤがとられて身動きできなくなることもあるらしい。そうしたトラブルが発生すると、客の国民性が出る、というのが彼の分析。彼によると米国人が一番付き合いやすく、車がぬかるみにはまると、大雨の中を一緒になって車を押してくれて、「こんなの見たことない!」「冒険っていう感じでいいね!」とむしろ喜ぶこともあるという。対照的に英国人は、ぬかるみからの脱出がどんなに大変でどんなに時間がかかっても、まず絶対に手伝ったりせず、車の中で怒っているらしい。またフランス人は、車のトラブルなどはあまり気にしないのだが、お目当ての動物、特に旅行代理店で「必見ですよ」と言われた動物が見られないと、カンカンに怒り出すらしい。日本人は?と尋ねると、まずあまり来ないのと、来たとしても日本の旅行代理店の添乗員が同行してきて、苦情などはその添乗員に言うため、自分にはわからない、とのこと。なるほどなあ、と思う。

セレンゲティほど広くなく、また道も少ないので、見所には車が集中する。走っていて、行く手に数台のサファリ車が集まっているのが見えてくると、だいたいそこにはライオンやらチーターやらがいる。皆、相変わらず人を恐れない。またこちらも、彼らが満腹で人を襲う気がないと知っているため、あまり恐れがない。

ただ、クロサイに出会ったときは、多少の緊張があった。道を横切って湖の方に向かう一頭のクロサイに出会ったので、写真を撮るために車を止めたのだが、クロサイが通り過ぎた後でエンジンをスタートさせようとすると、動かなかったのだ。バッテリーとスターターを結ぶ回路の結着が弱まっていたのだが、クロサイは凶暴で気分を害すると攻撃してくるらしく、かなり遠くまで去ってこちらを気にしていないのを確認してから、ボンネットを開けて素早く修理。無事車は走り出した。
IMG_2847.jpg

これで4日間に及んだサファリ体験もおしまい。
明日は未明にここンゴロンゴロを発し、キリマンジャロ空港から飛行機に乗って、ザンジバル島へと向かう。
最後にセレマニと記念撮影。
お世話になりました。
IMG_2851.jpg

PR


 サファリ旅行も3日目。
今日からはセレンゲティ国立公園を離れ、一昨日に通過したンゴロンゴロ保全地域へと場所を移す。
3日目ともなると、サバンナの広大な景観にも、未舗装の悪路を行く四駆車の揺れにも慣れてくる。それどころか、車の窓のすぐ外を野生の動物が歩いているという状況すら、当たり前に感じられてくる。贅沢な話である。
そんなわけで、「中だるみ」の防止も兼ねて、ンゴロンゴロへの道中は、動物だけでなく人間にもスポットを当てることにした。

まず一つ目は、オルドヴァイ(Olduvai)渓谷の見学。セレンゲティの大草原からンゴロンゴロの山岳地域へと地形が移行していく途中に現れる40kmほどの渓谷で、ミニ・グランドキャニオンといった景観であるが、ここが有名なのはもちろんその渓谷美ゆえではなく、そこから出土した化石のためである。その化石とは、1959年に発見された猿人アウストラロピテクス・ボルセイと、1964年に発見された原人ホモ・ハビリスの骨。特に250万年前から200万年前まで存在していたホモ・ハビリスは、現在分かっている限り最も初期のヒト属であり、我々(ホモ・サピエンス)の祖先である。ネアンデルタール人や北京原人、ジャワ原人など、歴史の授業で昔聞いたことがあるような初期ヒト属は皆ここから進化していったと考えられており、今世界中にいる人類の祖先を辿っていくと、すべてはこの渓谷に行き着くことになる。時間軸・空間軸ともにスケールの大きすぎる話で、なかなかピンとこないが、なんとなく凄い場所にいるような気にはなる。
IMG_2768.jpg

もう一つは、マサイ族の集落の訪問。マサイ族とはタンザニア北部からケニア南部に至るサバンナで伝統的な放牧生活を続ける先住民族のことで、今回訪れた地域では、アルーシャ北郊からンゴロンゴロ周辺にかけて、所々にその小集落をみることができる。国立公園に指定されているセレンゲティや、動物の保全活動が注意深く行われているンゴロンゴロのクレーター内部は政府によって放牧が禁止されているが、それ以外の地域では彼らは今も自由に行き来しながら牛を追っている。タンザニアでは都市部を除くほとんどの国土が国有地であり、マサイ族の放牧地域も国が所有していて、また彼ら自身に縄張りの意識があまりないため、本当に自由に動けるらしい。ケニアとの国境ですら、茂みの中を自由に歩く技術をもつ彼らにとっては何の制約にもなっていないようだ。そんなマサイの人々も、日用の生活物資や、彼らの最も重要な財産であり「貨幣」でもある牛を獲得するために、ある程度の現金収入が必要であるらしく、集落によっては車一台あたり50ドルでサファリツアーの旅行者を迎え入れて、生活の一端を公開している。我々もセレマニに頼んで、そうした集落の一つに案内してもらった。
案内役として出迎えてくれたのは、20代くらいのマサイの青年。他のマサイの人々と変わらない格好をしているが、きちんと英語で説明してくれる。我々のような観光客を迎えた場合の流れが出来上がっているらしく、段取り良く「出し物」が続いていく。まずはマサイの人々による歓迎の歌と踊り。女性たちが主に唱和する歌は素朴な節で、もちろん何を言っているのかまったくわからないが、草原の空に消えていくその声色には独特の迫力がある。
IMG_2750.jpg
一方で男性たちは、隊列を組んで踊りを披露してくれていたが、やがてそれも踊りの一部なのか、一人ずつ跳躍を始めた。皆跳躍力が並大抵ではなく、垂直跳びで1mくらい跳びあがっている男性も少なくない。飛んでいる、という漢字の方が適当かもしれない。
IMG_2753.jpg
マサイの人々は基本的に家族単位で小集落を営んでいる。一夫多妻制で、生活を支える財産である牛を多く所有する男性は、複数の妻を娶ることができる。妻とその子供で一軒の家(といっても写真のとおり掘っ立て小屋であるが)を成し、夫は独居して妻の家をまわる。必然的に、大家族が形成される。一家族に過ぎないにも関わらず、複数の小屋が集まった集落になるのはそうした理由からである。独特な生活習慣のため、ほとんどの場合婚姻はマサイ族の間で行われるらしいが、花嫁探しも大変である。何せ、出会いの機会がない。身の回りにいる女性は全て身内なのだ。案内してくれた青年は独身だというので、どうやって花嫁を探すつもりか聞いてみたら、このあたりは比較的集落も多いから、そんなに難しいことではないと思う、と笑顔で応えてくれた。しかし彼はそういうが、私の目には見渡す限り草原と潅木しかなく、360度集落など見当たらない。すぐ近くの集落はどこにあるのか尋ねてみると、地平線近くの山影などを指差して、あの山の麓にも、その山の麓にも、あの茂みの向こうにもある、みんな歩いて行ける距離だよ、と教えてくれた。
IMG_2754.jpg IMG_2756.jpg
民族融和、教育水準向上のために、政府は彼らに就学を勧めているらしいが、遠く離れた学校に通うには費用もかかり、また草原の暮らしを続ける限りはあまり就学のメリットもないため、このあたりでは10人に2人くらいの割合で家族の中から子供を「選抜」して、中学校程度までは行かせているらしい。案内をしてくれた青年も、そうした経緯から中学校まで卒業している。一応、その先も学業を続けるという選択肢もあったそうだが、草原の暮らしに戻ったようだ。セレマニによると、マサイ族の中にも大学まで進学し、政府機関などで就業する人もいるらしいが、そうした人々でもいずれは草原に帰って、昔ながらの暮らしに戻るのだという。また、10人のうち2人に選ばれなかった残りの子供たちには、集落の中で「家族学校」を作って初等教育を行っている。「教室」も粗末な掘っ立て小屋だが、子供たちはちゃんと制服らしきものまで着ていた。
IMG_2759.jpg IMG_2760.jpg
帰り際、ささやかな「経済協力」のためにと、彼らが製作して訪問者に売るビーズ細工の土産物をいくつか、彼らの言い値で買い求めた。
IMG_2758.jpg
しかし、買い求めながら、何となく考えさせられた。確かに彼らは、スローンの経済学の授業で学んだ分類で言うと、一日の生活費が1ドルを下回る最貧困層であろう。掘っ立て小屋の家屋には当然電気や上下水道などは供給されておらず、寝所も土を土俵のように盛って藁や敷物を敷いただけである。食料もほとんど牛の乳と肉ばかり。2000年代に入って年率5-8%という急速な経済成長続けるタンザニアにあっても、そうした富の蓄積から取り残されているといっても間違いではないだろう。しかし、彼らは変わる気がないというか、そうした伝統的な生活様式に誇りを持っていて、積極的にそれを続けているのである。資本主義社会に住み、経済成長を絶対的正義であるかのように教わってきた我々とは、価値観が根本的に違うらしい。こういう人たちを前にすると、世界の格差拡大だの貧困だのといった議論が、先進国的価値観の押し付けによる一方的で勝手な憐憫ではないかとさえ思えてしまう。

ちょっとしたカルチャーショックを受けた、異文化交流であった。



 タンザニア入りしてから二日目の今日は、セレンゲティ国立公園内を一日中車で回って動物見学をする。ゲームドライブといわれ、どこで何に出会えるかは、ドライバーの知識・技術と運次第である。我々の場合、ドライバーであるセレマニの豊富な経験と視力(本当に遠くの小さな動物でもすぐ見つける)、多少の運もあって、ほぼ全ての主だった動物を見ることができた。「見る」といっても、動物園で見るのとは異なり、野生の生活の様子を見るわけで、セレマニの説明とあわせて、なるほどと思わされることが多い。
というわけで、この日の記録は単に写真を並べるだけでも良かったのだが、折角なので忘れる前にこうした「なるほど」を記しておきたいと思う。

強者の自然抑制
ライオンはよく言われるように百獣の王。大人のゾウ以外どんな動物でも襲って食べ(大人のゾウは大きすぎて手に負えないらしい)、どんな動物もライオンを襲わない。要するに無敵である。そうすると、ライオンばかり増えて困りそうな気もする。しかし、無敵の強さを誇るが故の「問題」があり、結果としてあまり増えないように出来ている。その仕組みは、どことなく人間社会に似ている。
IMG_2710.jpg
  • 少子化… まず、繁殖率が低い。ライオンはカップルになると、性交渉を始めるのだが、受精に成功するのに15~20分間隔で休みなく性交渉を繰り返して2~3週間かかるらしい。一日12時間「頑張る」として、700回くらい「頑張っ」てやっと一回成功する計算である。成功すると3週間で6匹ほどの子供が生まれるのだが、この子供が自立するまでのおよそ4年間は、母親は次の繁殖活動をしない。ライオンの寿命は15年ほどなので、一生に2回ほどしか繁殖の機会がないことになる。しかも生まれた6匹の子供のうち、成人するのは2~3匹。こうして一匹のメスから多くて4~6匹しか繁殖できないのだという。
  • 嫉妬… ライオンのオスは他の動物に比べてメスの独占意識が強く、メスを奪うために他のオスと闘うことは勿論、既に繁殖活動を終えて妊娠あるいは出産したメスを奪うと、その子供を殺してしまうらしい。種の保存にリスクを抱える他の弱い動物では、こうした「余計な」感情は働かないようである。
  • 縄張り意識… ライオンは縄張りで生きているので、新しく成人したライオンは、親元から離れて自分で新しい縄張りを見つけなければならない。これができないと、親を含めた他のライオンから妨害されて思うように狩りができず、生きていけないらしい。当然、生活可能領域に限界があると、それが自然の繁殖限界となる。
  • 病気… ライオンは他の動物よりも病気になりやすいらしい。余り数が増えるとライオン同士で感染し、数が減るように出来ているのだという。

意外な強者
動物園で見る姿や、それら動物を題材にしたキャラクターなどから得られるイメージに比べ、他の動物(特に肉食獣)との戦いにおいて意外な強さを発揮する動物もいる。キリンとカバが代表格に思えた。
まずキリンは、脚力が非常に強く、ライオンなどの肉食獣が襲ってきても、後足で蹴り飛ばすことでかなりの攻撃力があり、一撃で返り討ちにすることもあるらしい。実際に、彼らが走っている姿を見かけると、あまり早くはないのだが、急斜面などもふわふわと飛ぶように軽く登っていく。
IMG_2659.jpg
またカバはまず図体が大きいのと、口が異常に大きいために、体当たりや噛み付きで相当の破壊力があるらしい。水辺に暮らす彼らが最もよく出会う肉食獣はワニだが、ワニはリスクが大きいのでほとんどカバを襲わないという。稀にワニが子供のカバを襲う場合もあるらしいのだが、そうするとその家族のカバが後々までそのワニのことを覚えていて、集団で襲い続けるらしい。従って、一大決心をしてカバの子供を襲ったワニは、その後すぐ逃走して、二度とその水辺には戻って来られないのだという。そんなわけで、我々が見たワニは、カバの群れが昼寝しているすぐそばで、彼らを襲うことなく一緒に昼寝をしていた。
IMG_2688.jpg

意外な弱者
反対に、イメージよりも随分弱い肉食獣もいる。その代表例はチーターだろう。
草原に住むライオン、ヒョウ、ハイエナ、マングース、ヘビ、ジャッカルなどの肉食獣のうち、チーターは最も弱いらしく、例えば彼らが獲物を捕らえて食べているときにハイエナが寄ってくると、一目散に逃げてしまうらしい。また速く走る能力との引換えでもあるのだが、頭が非常に小さいので、バッファローなどの大きな草食動物は噛み殺すことができず、比較的小型の動物しか狙えないのだという。そして速く走るという最大の取り得も、確かに最高120km/hほどで走るので速いのだが、300mほど走るとバテてしまうらしい。かなりイマイチな動物である。
IMG_2607.jpg

共存共栄
ヌーとシマウマはいつも行動をともにしている。これらの動物は、タンザニア北部のセレンゲティなどの草原と、ケニア南部のマサイ・マラの間を、季節に応じて大移動するのだが、その移動も一緒に行うことが多い。これは、ヌーが外敵を察知する能力に長けているのに対して、シマウマがはぐれた仲間を見つける能力に優れているため、一緒にいることでお互いのメリットがあるかららしい。
我々が訪れた時期はこれらの群れが全てタンザニア側にいる時期なので、ゲームドライブの間、見渡す限りの大地を覆うほどの大群に出会うことがたびたびあった。
IMG_2665.jpg

姥捨山
どの動物の世界もそれぞれに厳しいのだが、バッファローの世界はお年寄りに厳しい。群れで暮らすバッファローだが、歳をとり、子供の世代が群れのリーダーシップをとるようになると、親の世代は群れから捨てられる。せめてもの情けで、捨てるときには2~3頭セットで捨てられるらしいが、捨てられたバッファローは草原で堂々と生きていくことが難しく、茂みの中で暮らす。そしてそのうち肉食獣に襲われるか、老化するかして死んでいくのだという。宿泊したロッジのそばの茂みの中で暮らす、群れから捨てられたバッファロー「二人組」がいたが、老体のためか動きも緩慢で、とても寂しげだった。
IMG_2646.jpg

というわけで、なんだか動物図鑑みたいになってしまったが、動物の世界は単純なようにみえて複雑な社会関係や力関係があり、それらが実に上手くバランスすることで持続可能な再生産が行われているのだということが、実感できた。そしてそうしたバランスを壊す人間という動物の罪深さも、改めて思い知らされたのだった。


タンザニア第二の都市アルーシャから、旅は始まる。人口50万人(とドライバーのセレマニは言っていたが、定かではない)、東アフリカの国連活動の拠点ともなっている都市であり、朝から活気に溢れている。
IMG_2558.jpg IMG_2559.jpg
街を車で走っていてまず気づくのは、車の多さもさることながら、歩く人の多さ。学生、通勤風の人、荷役夫、軍人、様々な人が沿道を歩いている。たまに乗合バス(日本のトラックやワゴン車を改造したもの)も通るのだが、はちきれそうなくらい超満員で、恐らく供給が需要に全く追いついておらず、大多数の人は歩かざるを得ないのだろう。郊外に出てもその傾向は続き、何もない草原を貫く車道のそばを、何故か人が歩いている。前にも後ろにも、見渡す限り建物などないのに、である。そういえば、昨夜空港からアルーシャまで車で走ったときも、人が夜道の路肩を人が歩いている姿をしばしば見かけた。移動の概念、そして歩くということの概念が、我々とは随分と違うらしい。
また街の住民はほぼ100%黒人なのだが、顔や体型の違う人々、つまり様々な部族の人々が集まり、分隔てなく付き合っているように見えた。ケニア、ルワンダ、コンゴなどの周辺諸国で、部族間差別・対立が大きな政治的・社会的問題であるのに対し、ここタンザニアでは120を越える部族が融和し、平和が保たれている。その理由としては、多数派を形成しうる特定有力部族が存在しなかったという事実も大きいと思われるが、ドライバーのセレマニは、タンザニア初代大統領ニエレレの民族融和政策のお蔭だ、と説明してくれた。

アルーシャを出て3時間ほどで、ンゴロンゴロ保全地域の入り口に至る。ここで小休止。せっかくなので、これからサバンナを疾走する我が四駆車と記念撮影。ちなみにサファリの車は、ほぼ100%トヨタのランドクルーザー(を改造したもの)。セレマニ曰く、他の車ではサスペンションやエンジン系がもたないらしい。
IMG_2571.jpg
通行料を払い、ゲートをくぐると、いきなり出ました動物…、というわけにはいかず、車はしばらく山道を走る。ンゴロンゴロは巨大なカルデラ地形で、同地域を通過するだけの車は、外輪山の尾根道を走って、北側に広がるセレンゲティ草原へと抜けてゆく。我々もゲートをくぐってから1時間ほどは、そうした山道を走った。そして草原へと雪崩れ込むように下ってゆくと...、出ました、右手にキリン。
IMG_2588.jpg IMG_2590.jpg
やはり最初の一頭の感動は大きく、何枚も写真を撮る。が、その後よく見てみると、周りにキリンがうじゃうじゃといる。ああも巨大な動物がたくさんいると、自分が小さくなったような錯覚にすら陥る。その後も、ガゼル、ライオン、チーター、ヌー、シマウマ、ジャッカル、ヘビ、ゾウ、ヒヒ、インパラと、多種多様な動物が次々と姿を現す。
IMG_2599.jpg IMG_2609.jpg

IMG_2624.jpg IMG_2637.jpg

IMG_2635.jpg

いずれも、恐らくテレビや動物園で見たことのある動物かそれに類するものばかりで、その姿自体に度肝を抜かれるようなものではないのだが、テレビや動物園の檻といった「フレーム」なしに、360度広がる大自然の中で実際に動く姿を見るのは、やはり迫力や印象の鮮度、感動が違う。なにしろ、このセレンゲティ国立公園では、四国全体より大きいおよそ1.5万km2という大草原(セレンゲティとはマサイの言葉で「果てしなく広がる草原」の意味)に、様々な動物が300万頭以上生息しているらしく、スケールが違う。地平線が見渡せる草原、茂み、アカシアの林など、いかにも映画で見るような「アフリカらしい」景観のそれぞれに、そこに応じた動物を見ることができ、なかなか飽きない。あっという間に宿泊予定のホテルに到着。国立公園の一隅の丘の上にあるSerengeti Sopa Lodgeというホテルで、サバンナを一望しながらプールにも入れるという贅沢なつくり。部屋も広々として、長い車の移動に疲れた娘たちも大喜びである。
IMG_2639.jpg

明日は一日、セレンゲティ国立公園内を車で散策する。




春休みを利用して、東アフリカのタンザニア連合共和国に旅行することにした。南米とアフリカは、米国留学中に一度は訪れておきたいと思っていた。1月に南米(ペルー、チリだけだが)を旅したので、残るはアフリカ、というわけで、まだ米国の寒い春休みを利用して、家族旅行を企画した。

アフリカといっても勿論広く、特に東アフリカは米国から遠くて、実は時間距離にすると日本から訪れるのと大して変わらない。とはいえ、日本に戻ってしまうとなかなかまとまった時間がとりにくいだろうし、例えばエジプトで遺跡を見るよりも東アフリカで野生の動物を見たほうが子供も興味をもつだろう、ということで、東アフリカ、中でもスローンの友人の勧める声が多かったタンザニアに行くことにした。現地8泊+機中2泊で合計10泊11日の旅程。前半をタンザニア北部キリマンジャロ山近くの動物保護地区の散策(いわゆるサファリ)に宛て、後半はインド洋に浮かぶザンジバル島に移動してゆっくり過ごす予定である。ボストンからアムステルダム経由で片道合計15時間の飛行の旅は、幼い子供にはかわいそうであるが、それに見合う発見や出会いがあることを期待して、まだ寒いボストンを発った。

予想通りの長い空の旅のあと、現地時間の19日午後8時過ぎにタンザニア北部のキリマンジャロ空港に到着。空港でビザを取得し、いい加減な(?)入国審査を経たところで、迎えのドライバーと合流。サファリ旅行を手配した旅行会社のドライバーで、名前をセレマニという。車はいかにもサファリに行きそうなランドクルーザー。小さな空港を離れ、真っ暗な夜道をホテルに向かう道中は、これから何か知らない世界に遭遇しそうな予感をかきたてるのに十分な時間だった。




PREV1 2 3 4 5 6 7 | NEXT
CALENDAR
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH