忍者ブログ
「 Washington D.C. - 2018 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


10年ぶりにワシントンD.C.を訪れた。
10年は、この首都の雰囲気を変えるには十分な長さの時間であったらしい。
思えば10年前はまだ駆け出しのローカルサービスであったfacebookが、何億人というユーザー規模のグローバルなサービスになり、その情報漏えい等が国会で議論されるに及ぶというのは、誰も想像すらしなかったであろう。

ホワイトハウスの周囲のバリケードは、以前よりも一回りか二回り大きくなり、ホワイトハウスに一般人は近づきにくくなっていた。
街の土産物屋では、以前売っていたオバマ人形をはじめとする「大統領関連グッズ」は当然ながらモチーフにすべき人物の交代により退場し、トランプ人形や関連グッズへの姿を変えていた。但しそのトーンは、オバマ就任の際には明るく、熱狂的で、希望と誇りに満ちていたのとは対照的に、シニカルで、ちょっとしたブラックジョークのようなトーンに感じられた。
一国の元首が国民からの攻撃を恐れてバリケードを張り巡らせ、一方で国民からはブラックジョークのようにみられる、というのは、明らかに何かがおかしく、この大国の病を感じざるをえない光景であった。

せめてもの救いは、街を行く人々の多様性、スミソニアン博物館の入場が無料であること、そして博物館を湛える公園の美しさとおおらかさが、10年前のそれと何も変わらなかったことだろうか。10年後もこうした素晴らしさは維持されていてほしい、と心から思う。
PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
 - MAIN - NEXT
CALENDAR
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH