忍者ブログ
「 MBA General 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 2年生最終学期も前半が修了(終了?)した。
これで2年間のMBA課程も、7/8が終わったことになる。
米国での生活があと数ヶ月で終わるのだと思うと、非常に惜しいというか寂しい気持ちになるが、学生生活自体は、2年でちょうどよかったかな、と思う。今はどちらかというと、ここで学んだこと(授業で学んだ考え方や視点、テクニックだけでなく、人との接し方、コミュニケーションの仕方、価値観など)が社会でどれだけ通用するか、自分の社会との関わり方を変えるかを、みてみたいという気持ちが強い。そのステージとして、米国でやってみたい気持ちは強いのだが、未曾有の不況下にある日本で私の復帰に期待してくれている方々がいる以上、戻らざるを得まい。

というわけで、恒例であるが、この春学期前半に履修した授業の総括をしておきたい。

Global Economic Challenges
担当教官:Kristin Forbes
この期間中最も面白かった授業。
教えるForbes教授は、1998年にMITで経済学博士号を取得した後、世界銀行、米国財務省などを経て、2003年に当時のブッシュ政権下でホワイトハウスの経済諮問委員会(CEA)メンバーに史上最年少で抜擢された人物。年齢的には39-40歳くらいか。気取ったところがなく、女子学生のように笑いながら延々と話し続けるのだが、数字にはめっぽう強く、話も(よくしゃべるとはいえ)決して冗長ではなく、論旨が明快でそれを支える論理もしっかりしている。また学生の質問に対して、多くは的確な実例を引用しつつ明快に答えるのだが、わからないことははっきりとわからないという点にも好感をもった。よほど健全な自信がないと、ああいう態度は取れない。
授業の内容は、メキシコやアジアなどの経済危機の歴史とその構造分析、それを踏まえた現在の米国の金融危機の分析、新興工業国の分析、世界の所得格差についての考察など、マクロ経済的視点から世界の大きな時事問題について一話簡潔的に論じていくというもの。マクロ経済学の分析モデルを用いつつ、経常収支、失業率、インフレ率、為替などのマクロ経済指標からその国の経済の健全度・脆弱度や必要な経済政策を分析する力を養う。普段なかなか一国の経済指標をじっくりと分析・比較することがないので、改めてやってみると非常に興味深い。また教授自身の自論を示しつつも、学界や政界の異なる見方も紹介してくれるので、バランスが良い。
現在妊娠中であり、夏ごろに出産予定ということで、そのためもあって今年は半期の講座になったそうだが、是非通期で学んでみたい講座である。

Intro to System Dynamics
担当教官:Damon Centola
System Dynamics とは、1950年代にMITで考え出された理論・分析アプローチである。社会現象の作用・反作用を複合的に捉えることで、中長期的な経済現象・社会現象の変化をシミュレーションし、問題解決に結びつけようとするもので、なかなかやってみないと上手くは説明できないのだが、非常に新しい物事の見方を教えてくれる。多くの同級生が既に履修していて、皆大変だが面白いと異口同音に言うので、私も今回チャレンジしてみた。
やってみると、確かにまったく新しいものの考え方を求められ、かつ世の中の変化について非常に論理的・構造的かつ多角的な理解を与えることができる。イースター島の人口があるとき急増して一気に激減したのはなぜか、猛威を振るった台湾のSARSの感染がある時点から広がらなくなりやがて減退したのはなぜか、カリフォルニアの山火事が当局の必死の消化・防止活動にも関わらず巨大化しつづけるのはなぜか、などの問題を、講座の名前の通り、社会・経済システムのダイナミズムとして、糸を解きほぐすように分析してゆく。非常に知的で面白い作業である。宿題が大変なのだが、勉強したという気になってよい。
唯一残念だったのは担当教官。いかなる講義を含めて教室でモノを教えるのはこれが初めてなのだそうで、はっきり言ってぎこちない。教える情熱もあまり伝わってこない。まあ仕方ないが…。

Supply Chain Planning
担当教官:D.Simchi-Levi/ S.Graves
先学期に四苦八苦したLogistics Systemという講座の応用版という位置づけで履修した授業。MITのDepartment of Civil and Environmental Engineeringの教授であるSimchi-Leviが教え、授業も有名なドームのあるメインキャンパスで行われるというので、また新しい発見がいろいろとありそうだと期待して履修したが、Logistics Systemで得たものに比べると、新しい知識の獲得度合いは低かったように思う。いくつかの応用理論の講義と、ケーススタディを通じた実践の組み合わせであり、ひたすら講義が行われたLogistics Systemに比べると、新しいテクニックに出会うことが少ないのは構造的に仕方ないような気もするが、それを差し引いても少し手ごたえが足りなかったかもしれない。もっとも、ケースで扱った問題は比較的面白いものが多く、先学期の復習的な意味も含めて、それなりに勉強にはなった。シンガポールにある提携大学と通信回線で繋いで授業を行う関係上、開始が朝8時と早く、その「コスト」を払って参加しているために、どうしても授業に対する要求レベルが高くなってしまったのかもしれない。
教授はというと、Simchi-Levi教授はまだ良いのだが、大半を教えるStephen Graves教授があまり講義上手ではなく、授業が盛り上がらず、というかむしろ混乱したりすることもあった。何せ彼が発する学生への問いかけに対して、誰も何を問うているのかわからなかったりするのだから、辛い。内容は良いのだが教えるのが下手、というのは、MITのOperation系の授業に共通した課題のように思われる。


International Supply Chain Management
担当教官:A.Weiss/ H.Marcus
この期間中、最も期待ハズレだった授業。
はっきり言って、オススメしない。
担当のMarcus教授自身が最初の授業で語っていたように、Operation系の授業ではInternationalというキーワードを冠する唯一の授業であり、先学期に履修したLogistics Systemでは逆に「ここでは米国内のロジスティクスをベースに議論を進める」と説明されていたので、これまで十分私がカバーできていなかった分析の視点やテクニックが得られるものと期待していたが、何のことはない。分析といえば、要するに、国内で完結するサプライチェーンに比べて、国際的なサプライチェーンの場合は、生産コストが安い一方で回転期間が長くなって在庫コストが高くなるので、そのバランスを最適化しなければならない、というだけの話で、極めて当たり前。それ以外の定性的な要検討ポイントも、ポイントとしては面白いものもあるのだが、何を重視してどの程度定量分析の答えに修正を加えるべきかについて、答えを出すための具体的な考え方や、有益な示唆を得ることができなかった。

Power & Negotiation
担当教官:Jared Curhan
この春学期に履修している、唯一の通期授業(つまり他の授業は春学期の前半だけで修了する)。
担当のCurhan教授が上手いこともあり、非常に面白く、学びも多い。
毎週、新しく学んだ交渉(Negotiation)のテクニックや視点を活かして、実際に与えられた課題について決められた相手と交渉を行い、それを授業で振り返って、更に交渉術を深めていく、というようなかたちで進められる。
教授は、交渉術はかなりの部分において後天的に獲得可能であるという大前提のもと、心理学の専門家らしく交渉術を要素分解して論理的に解説してくれる。一回3時間の講義なのだが、まったく長いと感じさせられないほど、名調子で授業が進んでいく。
後半が楽しみである。

PR


 “Power and Negotiation”という交渉術の授業を履修している。
交渉の得手・不得手の少なくとも半分以上は後天的な要素で決まる、という研究結果を大前提として、ビジネススクールの学生に交渉で使える理論や視点を教える授業である。交渉力を鍛える、という目的上、様々な場面を想定した交渉の練習が授業の大きな比重を占める。毎週2つ以上の交渉課題が与えられ、結果とその反省をレポートすると、何回かの課題結果を踏まえた簡単な分析結果がフィードバックされてくる。そして今日、この最初のフィードバック・レポートが送られてきた。こちらの入力内容を機械的に統計処理しただけなのだが、これがなかなか面白い。このレポートによると、私は以下のような交渉上の特性・傾向があるらしい(分析は、あくまでもスローンMBA学生の中での相対評価)。
  • 基本的に大勢の中に出て行って丁々発止の交渉をするのは好きではない
  • そのくせ、いざ交渉となるとなかなか妥協せず、相手に負けるくらいなら合意しない方がよいと思っている
  • 交渉そのものについてどちらかというと苦手意識が強いにも関わらず、ものを買うときなどには基本的に何でも交渉すべきだと思っている
  • 交渉においては、情報操作、買収、約束反故などの非倫理的な行為も比較的よく行われるものだと思っている
  • 交渉の過程・やり方に納得できれば、結果がどうであれ実は結構満足する

…個人的には、当たってるなあと思うところも、どうも納得いかないところもあるのだが、「客観的な」分析結果による論評なので、なんとも言い難い。
謙虚に肝に銘じておくことにします。




長い冬休みが終わり、学生生活が再開した。恐らくこれほど長い休みは、少なくとも向こう10年間はないだろう。

休み明け初日の履修科目登録の日は、毎度のことながら懐かしい顔ぶれに出会う。校舎に入ると2、3歩進むごとに誰か友人に会って立ち話となる。ただ、耳に入ってくる話の内容は、夏休みの後とは随分異なる。1年生は、「インターン、どこか決まった?」「いや、どこも厳しい」といった話がほとんどで、冬休みの楽しい旅行の話をしている連中は少数派の様子。一方で2年生は、多くは冬休み中にG-labに参加していたため、そのプロジェクトの様子、およびその前後の旅行の様子が話題の中心になっていた。しかしだからといって、2年生の職探しが1年生に比べて順調なわけでは決してない。むしろ、仕事が決まっている学生とそうでない学生がいて、そうでない学生の方の状況があまりにも深刻なため、そうした話題を皆避けている、という見方の方が正しい気がする。なにしろ、昨年であれば、春学期開始時点で、2年生の95%以上が何らかの仕事の内定を受けていたそうだが、今年はそれが6割を切っているというのだから、劇的な環境悪化である。私もある意味でそのクチだが、2年前に入学した頃は出身会社になんか戻らないと豪語していた連中も、今はほとんどがモトサヤに戻ろうとしている。

そんな中で迎える最後の学期、皆は何をここで得ようとしているのだろうか…。

ちなみに私は、すぐに役に立つスキル系の授業と、世の中の仕組みを一歩引いて考えるような授業を履修するつもりである。




本日を持って、2年生の秋学期が実質的に終わった。学校は来週までやっているが、私自身は今日で期末試験が終わるので、明日以降授業も何もない。昨年の夏から始まったMBAコースも、3/4が終了したことになる。1年生の秋学期が終わったときに比べると、達成感よりも寂しさの方が強い。

恒例なので、簡単ながら、今学期に履修した科目について振り返っておきたい。

<オペレーション系>
Operations Strategy
担当教官:Charles Fine
ビジネススクールなんかどこも似たようなもの、という諸氏もいらっしゃるが、授業のやり方や得意分野などでやはり大なり小なり違いはあって、例えばスローンは分野でいうとファイナンス、アントレ(起業)、そしてオペレーションなどが強いといわれている。中でもオペレーションは、実際にこちらに来てみてから、充実していると感じた。研究者の知名度やその功績においてはファイナンスの方が上かもしれないが、実践的な教育においてはオペレーションの方が力が入っているかもしれない。Center for Transportation & Logisticsという専門の研究部門がスローンに隣接していたり、定量的研究でMITのエンジニアリング系および数学系の学部と連携があったり、産業界(特に製造業)とのネットワークがMIT全体で共有されていたりするあたりが、他校にはない強みだろう。
というわけで、2年生になり選択科目の自由度が増したこともあって、今学期はオペレーションの授業に一番時間を割くことにした。ただ、一番時間を割く、といっても、せいぜい6-7科目程度しか同時には履修できないので、およそ半分にあたる3科目をこの分野に宛てた。
その一つ目がこれ。どこのビジネススクールにも共通していえることがどうかはわからないが、科目名に「Strategy」と着くと、授業の内容はケース・スタディ主体の定性的な議論になる。この科目もその例に漏れず、様々な業界のオペレーション上の課題を扱ったケースを毎回取り上げて、皆で議論する、という形式。画期的な目新しさがあるわけではないが、教授による学生の議論の裁き方も手馴れているし、いくつかの理論的な主張やフレームワークも紹介されて、それなりに面白かった。例えば、事業戦略とオペレーション戦略を分け、後者を前者の下位概念として捉えてその一貫性と妥当性を評価するという視点は、基本的だが忘れられがちなポイントだろう。こうしたポイントを実例を踏まえて確認していけたことは、良かったと思う。

Logistics System
担当教官:Chris Caplice/ Yossi Sheffi
今学期に履修した中で最も難しかった科目。
履修した7科目の中で最も時間をとられたが、成績も恐らく最も悪いのではないかと思う。
内容は、とにかく定量的、分析的。
需要予測、在庫管理、物流管理の3本が柱で、前学期に履修したIntro to Operations Managementで学んだ定量的手法をより発展させて、より幅広い課題について「答え」を導き出す力を養う。
そもそもEngineering System Divisionの授業であることも影響してか、授業形式は100%講義。ケースはなし。教授がひたすらしゃべり、新しい数式・分析手法を毎回紹介してゆく。高校の数学の授業のようである。朝イチから早口の英語で記号だらけの数式を解説していくので、ちょっと理解が遅れると、脳が機能停止して眠くなってしまう。しかも教授が早口なだけでなく、履修している学生の過半数は数学の超得意なインド系の学生で、質問にポンポン答えてしまうため、展開が非常に早い。文系日本人学生には、本当に大変。
ただ、勉強にはなる。これほど実践的かつ分析的な授業はあまりないかもしれない。過去のコンサルティングプロジェクトを振り返っても、使えたな、と思えるようなツールが少なからずある。完全に忘れてしまわないうちに、早く使ってみたいものである。
授業で学んだ内容のより詳しい中身は、手作り要約シートをご参照。

Proseminar for Manufacturing
担当教官:Donald Rosenberg
週替りで訪れるゲストスピーカーの講演を週一回聞くだけ、というシンプルな授業。
課題も試験も何もない。
そのかわり、単位は2単位だけ。
もともとはLFM1年生の必修科目で、彼らの長いインターン先を考える上での判断材料とネットワークを与えることが主目的の講座であるが、LFM以外にも解放されている。
前掲のOperations StrategyやLogistics Systemで学んだ考え方や分析手法が実践で使われている様子を知ることができるし、何より米国有名企業(例えばAmazon, Apple, GM, Boeingなど)の幹部の生の声を聞くことができるので、週一回1時間半を使うには十分値するコースだと思う。

<マーケティング系>
Listening to the Consumer
担当教官:Drazen Prelec
マーケティングは、半期のコースを二つ(前期・後期一つずつ)履修した。とはいえ、従来一つだったコースを二つに分けただけだそうなので、実質的には一つか。
ともすれば、ふわっとした主観的な議論になりがちなマーケティングという分野に、MITらしく分析的手法を持ち込んだとして、毎年評判の高い講座であり、前学期から履修したいと思っていた。
コース内容は至ってシンプル。半期ごとに、コアとなる分析手法が紹介されて、段階をおって学びながら、実際に自らそれらの手法を使ってチームプロジェクトを完成させる、というもの。
二つの半期コースの違いもシンプル。前半は定性的分析手法、後半は定量的分析手法を扱う。
このうち定性的分析手法を扱う秋学期前半のこのコースは、顧客インタビューの科学的実践方法を学ぶ。数字をまったく使わず、しかしながらインタビュワーの主観を極力排除した、つまり誰がやっても行き着く「答え」を顧客から引き出すためのインタビュー手法がある、というので楽しみにしていた。
が、やってみるとなかなか難しい。本当にこれで企業経営上意味のある答えを引き出すことができるのか、疑問が残った。
また、教授の話が面白くない。内容は良いことを言っているのだが、話術がダメなのか、ともかく退屈で、眠くなる。男前だし良い人なのだが、残念。実際、最初は立ち見が出るほどいた学生の多くが、これが理由で去っていった。
今期履修した中では、比較的期待はずれに終わった科目かもしれない。

Strategic Market Measurement
担当教官:Drazen Prelec
上記科目の定量分析バージョン。
コンジョイント分析クラスター分析などの分析手法や、アンケート質問票作成時のコツなどを学ぶ。
中心となるのは、上記科目と同様、チームプロジェクト。やはり実際に手を動かしてみるのが一番学習効果が高い。これまで聞いたことがあってもやったことのなかった分析手法を複数学び、使ってみることができたのは、今後に生きるだろう。
内容的には、前期の定性分析バージョンよりも随分面白かった。教授の退屈さは相変わらずであったが、こちらは履修してよかったと思う。

<ファイナンス系>
Advanced Corporate Finance
担当教官:Kevin Rock
前学期に履修したFinance IIで担当教官のAsquithが強く推薦したので履修。教授はシカゴ大学のビジネススクールから今学期だけ教えに来ているRock。
講義の内容は、前学期に履修したFinance IIの実践版というところ。理論的に目新しいものが多くみられるわけではないが、株式公開から資本計画、プロジェクトファイナンス、負債管理・証券化、財務リストラ、破産、という一連の流れに沿って、企業金融のテクニックを解説してゆく。一応、ほぼ毎回ケース教材を用いて授業が行われるのだが、さすがシカゴ流*、95%教授がしゃべっていた。学生も一応発言の場が与えられ、有意義な発言をした学生にはポイントが与えられるのだが、特定の気に入った学生ばかりあてる傾向があり、それ以外の学生はコールドコールされる「リスク」もほぼないので、受講していた学生の7割程度は、学期を通じて授業中に一言も発しなかったのではないかと思う。幸い、Rock教授はEntertainerで、ブラックジョークを交えながら面白おかしく語ってくれるので、退屈はしないのだが、なんというか、テレビを見ているのような受身の授業になってしまい、面白い話をきいたなあ、という気にはなるものの、果たしてどれだけ勉強になったのかはよくわからない。ともかく、ノートは一生懸命とったので、大事に整理してとっておこう。

* ビジネススクールの特徴を比較したジョークでこういうのがある「多くのビジネススクールでは、教授が教室に入ってきて『おはよう』というと、半分くらいの学生が『おはようございます』と返す。ハーバードでは、全員が笑顔で『おはようございます、○○教授!』と返す。シカゴでは学生がノートに『おはよう』と書く」 それくらい、シカゴでは教授がしゃべって学生は必死にノートをとる、ということか

<その他>
Press Relations for Management
担当教官:Phil Primack
他の科目と大きく毛色が変わるのだが、広報戦略について考える講座。ニュースの売り込み(いかにしてメディアに取り上げてもらうか)、メディアとの付き合い方、情報開示の仕方、トラブル発生時のメディア対応、などを、ロールプレイングを交えながら、ゼミ形式で議論してゆく。Sloan Fellowsの方々も多く履修されているので、実例が踏まえられていて議論がなかなか面白かった。
担当教官は、スローンおよびMITの広報戦略を支援している、Boston Globe紙の元記者。経験に基づいて教えているので、必ずしも理論的かどうかはわからないが、熱意を持って教えてくれるのは確かで、提出した課題にも一つ一つ筆を入れてきちんと返してくれる。
残念ながら議論はすべて米国での事情をベースにしているので、状況を日本に置き換えたときに必ずしも納得できない部分もあったが、いくつか行動指針となるような示唆を与えてもらったことは、非常に良かったと思う。
 


そしてこの日の夜には、Kendall駅前のパブを貸切にして、Sloan Talent Showが開催された。
このショー、昨年はMITのホールで開催されたのだが、「酒が飲めない!」という不満が観客からあったとかで、今年はパブに場所が移された。
特設のステージが設けられているとはいえ、場末感は拭いきれず、また皆がやがやしてよく聞こえない・見えないので、折角のパフォーマンスをしてくれる出演者に失礼なような気がしたが、結局は主催者側がどっち(出演者か観客か)の意向を優先するかという判断なので、仕方ない。
昨年出演した日本人同級生は今年も活躍。その才能にまた感心させられる。
以下にいくつか、会場で撮影したビデオを載せておきたい。
皆さん、お疲れ様でした。





 


Japan Clubで運営しているウェブサイトMIT Sloan 101のコンテンツとするために、スローンのDean(学部長)であるDavid Schmittlein氏にインタビューする機会を得た。

同級生のKazのリードで進められたインタビューの全容は、MIT Sloan 101で近日公開予定であるが、ここでは私の関心をひいた、二つの軸での比較論を書きとどめておきたい。

①日本のスローン卒業生と他のアジア諸国のスローン卒業生の比較
日本のスローン卒業生の明確な特徴は、歴史の差によるその数の多さと、平均年齢の高さ。
そしてそれらに支えられて、一部上場企業レベルでのトップマネジメントに卒業生が多く存在することだという。
確かに、NTTドコモやキリンビールなどの有名企業で、スローン卒業生は社長やそれに次ぐ地位で活躍されている。
対して、インドや中東などでは、スローン卒業生の目立った活躍は報道されるものの、一様に皆まだ若く、社会全体への影響力という点では日本の場合よりも小さいかもしれない。
残念なことは、その強力な卒業生陣が必ずしも上手く組織化されていないことであるが、その点については氏は触れなかった。

②MITスローンと他のビジネススクールの比較
氏は昨年までWhartonで副学部長を務めていたという経歴の持ち主で、Whartonをはじめとする他のビジネススクールとの比較については頻繁に質問されるらしく、明確な視点をもっておられた。
曰く、「スローン生は、外国人比率や女性比率などの統計数値でみると他校学生とそれほど大差ないが、なぜここで学びたいのか、という点については、他校の学生よりも深い考えを持っている。ブランドは必ずしも第一選択基準ではなく、それ以上の理由をもっている」
そしてこの背景として、二つの事実を紹介してくれた。
一つは、入学選考時のインタビューのやり方。いまや全米のトップビジネススクールで、選考インタビューを学校職員が直接行っているのは、スローンとHBSだけだという。他は、Whartonを含め、2年生か卒業生が中心となってインタビューしている。確かに、学校職員が直接面接を行う方が、学校側の戦略や求める学生像に沿った選考ができるだろうし、学生の質が思わしくない方向に行っていた場合や世の中の人材ニーズが変化してきた場合に、軌道修正がききやすいだろう。
もう一つは、入学選考時の競争倍率。同様に、全米のトップビジネススクールで、10倍以上の有効競争率を維持しているのは、スローンとStanfordだけらしい。これは学生規模の少なさも大きく影響していると思われるが、いずれにせよこの高い競争率ゆえに、学校側が学校の戦略や方向性にあった「質の高い」学生を選べるのだという。従って、来年度完成予定の新校舎など環境が整っても、学生規模を増やす考えはないらしい。
極めて明確で、合理的な戦略だと感じた。

最後に、インタビューの終わりに氏が言及し、印象に残った一言を記しておきたい。
"MIT is all about the idea of change the world!"

お忙しい中お時間を割いてくれた氏に、感謝。


つづきはこちら
PREV1 2 3 4 5 6 7 | NEXT
CALENDAR
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH