忍者ブログ
「 Pugnacious Nationalist!? ...無視されるよりマシだけど… 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


前回29日の記事で、麻生太郎内閣発足について「米国ではほとんどニュースになっていない」と書いたが、まったくニュースになっていないわけではない。
が、書かれていることといったら、結構キツかったりする。
中でも、New York Timesの社説は、パンチが強かったようだ。
(原文はこちら
「麻生太郎再登場」として、05年から07年の外相時代の「問題行動」を振り返り、彼を「好戦的な民族主義者」と形容したうえで、「いくら景気浮揚に注力するといっても、中国・韓国を含めて経済関係の深いアジアの国々と現実的な視点でうまくやれないとダメよ」と結んでいる。
これについては日本の外務省関係者から、「麻生首相は中国・韓国を尊敬してますよ」という反論が同紙に投稿されているが、肝心の中国・韓国からの援護射撃でもなければ、あまり説得力がないだろう。

彼の「問題発言」について、日本では中国や韓国に関するものが大きく取り上げられているように思うが、欧米人についても差別的ととれる発言をしていたようで、こちらの報道ではそれも振り返られている。
日本語で何と言ったのかわからないが、要するにはパレスチナ問題について、欧米人は青い目と金色の頭髪をもっているから絶対に解決することはできず、日本人は黄色人種だから信用されている、という内容だったらしい。
(原文はこちら
こういう人物を、いくら血統的にサラブレッドだからといって、一国の宰相にすることの文脈を、日本の政界はどの程度理解しているのだろうか…。

PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
URL

PREV - MAIN - NEXT
CALENDAR
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH