忍者ブログ
「 Presidential Primaries 4 ...勢い 」

Barack Obamaが、この週末に行われた計4つの州(ルイジアナ、ネブラスカ、ワシントン、メーン)の予備選・党員集会すべてにおいて勝利した。
ばらつきはあるが、対抗馬のClintonに対して、概ね6:4で勝利している。
民主党は代議員数を獲得票数で比例配分するので、100%開票が終わらないと確たる結果がわからないが、CNNの集計では、現時点の獲得代議員数は、Clintonの1,148に対して、Obamaは1,121と、着実に両者の差が縮まってきた。予備選で勝利し、民主党統一候補として指名されるには、2,025の代議員票が必要であり、まだレースは折り返し地点を過ぎたところだが、今のところ「流れ」はObamaにあるように感じる。辻辻で見かける草の根支持者もそう感じさせる一つの要素だが、何より、ここ最近の選挙資金獲得状況をめぐる両者の差は鮮明である。Clinton候補がここに来て寄付資金が尽き、巨額の自己資産を投入せざるを得なくなっている一方で、Obama候補は1月だけで過去最高の34億円の寄付を草の根支持者を中心に吸い上げ、2月に入ってもその資金獲得の勢いは衰えない。

Obamaの何が、人々をひきつけるのか。
理由は様々だろうが、彼の演説力が大きく寄与していることは間違いないだろう。
連日テレビで放送され、YouTubeなどでも流れているので目にすることは多いが、巧い。確実に、人をひきつける。両党の候補者の中で、一番巧いだろう。声の抑揚、テンポの変化、間のとり方、表情の作り方(とくにシリアスな表情にときどきみせる笑顔のタイミングと爽やかさ!)は、予備選が始まってから更に磨きがかかり、宗教的なオーラすら感じるときがある。
あれは、凄い。
余人をもって替えがたい。

もっとも、演説の中身は、はっきりいってスカスカである。
毎回、言うことは同じ。
施策として強調するのは、保険制度の充実、イラク戦争への批判、経済復興、そして「米国の希望を取り戻すこと」。
どうやってやるか、については、
"Yes we can"
"We want to believe"
で押し切る。
マクロ経済学の授業の中で、
「Populism(大衆主義)には二種類ある。右からのPopulismと左からのPopulismだ。前者は混乱の中で秩序と統制を訴え、後者は格差や貧困の中で富の再分配を訴える。それぞれに共通しているのは、ベストシナリオを訴え、方法を言わないことだ」
と習ったが、演説だけ聴いていると、彼は典型的な「左からのPopulism」である。
あのまま大統領をやったら、えらいことになりそうな気もする。
リスクの度合いとしては、大阪府の橋下新知事よりも大きいかもしれない。

しかし、見方を替えれば、方法を精緻に考え、提示する頭脳は、この国には沢山存在する。
稀有なのは、むしろこれをやりきる実行力と、国民をその方向に向けさせるある種のカリスマ性である。
これさえあれば、自分のできること、できないことを自覚し、不足をブレーンで補えばよいのだから、この時点で"How"を示す必要は、あまりないのかもしれない。
事実、Howにこだわり、具体的な方法や数字をパワーポイントを使ってまで説明した我らがRomney候補は、経済オンチなMcCainに大差をつけられ、見事に先日撤退してしまった。
小泉純一郎元首相も、Obama候補のタイプに極めて近い。賛否はいろいろあるが、今でも待望論がある元首相、という意味では、やはり稀有である。そしてその待望論は、彼に何か個別の課題の解決方法の提示を期待しているのではまったくなく、何となく「全体として」状況を打開してくれそうな、リーダーシップのイメージをあてにしている。

と、ここまで考えて、自分に置きなおしてみる。
演説はやったことがないが、Obama候補のような「人柄の魅力」はないし、方法を脇においてヴィジョンを語れる発想力、度量、話術もない。どうしても、目が"How"に行ってしまう。逆に、Obama候補のようなリーダーがいて、自分がその個人を尊敬できさえすれば、Howを作り上げ、実行のお膳立てをするのは、多少なりとも向いているように思う。
やはり、自分には一国一城の主ではなく、参謀的なキャリアが向いているようだ、という以前からの自己認識が、またここでもサポートされてしまう。

やっぱり、そうなのかなあ。。。

PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
URL

PREV - MAIN - NEXT
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH