忍者ブログ
「 Drivers license ...ここはアメ~リカ~♪ 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ついに自動車免許の路上検定を受検してきた。
9月にペーパー試験に合格、その後勇んで路上試験にのぞんであえなく撃沈してから、億劫になって放置してあったが、6月からのインターンを前に身分証明が必要なこともあり、ようやくの受験と相成った。
前回の「教訓」を活かし、今回はBrookline Driving Schoolというところが取り仕切っている「楽チン受験コース」を利用。領収証の出ない現金100ドルを支払えば、州の法律で決められている縦列駐車や三点ターンなどもなく、直線と右折二回のお気楽路上研修で合格してしまう、というものである。
早朝7時半に、Blookline高校前に集合!ということで、娘二人をたたき起こして、家族で集合場所に向かう。気温7度、小雨が降り、かなり肌寒い。集合場所についてみると、外国人らしき人を中心に、20名ほどが列をなしていた。要領を得ないまま列に加わると、野球帽をかぶった小太りのオヤジが近寄ってきた。名前を名乗ると、「100ドル持ってきたか?」といきなりである。妻の分と合わせて200ドルを取り出すと、むしりとるようにしてポケットに入れる。怪しさ爆発である。
私が列に加わってからも、更に10名ほどが後ろに続いていた。一人100ドルとすると、これだけで30万円ほどになる。おいしい商売である。
と、思っていると、列の後ろのほうにいた女の子(20歳前後)が、同様に100ドルを要求され「領収書は?」と挑戦的な質問をした。「ここはshopではないので、そういうものはないんだよ」と薄ら笑いを浮かべながらオヤジがこたえると、「じゃあそれはいいけど、この100ドルには何が含まれるの?税金とか、免許の発行手数料とか、全部入ってるんでしょうね!?」と更に追及。オヤジが「このお金はね、今日の試験を受けるためのお金。免許の発行には、自動車登録所に行って、60ドルを更に払ってね」とまともにとりあうと、女の子は「なんですって?全部で160ドルもするの?ふざけるんじゃないわよ!そもそもじゃあ今日の100ドルは何なの?」と激高。
そしてこれを受けたオヤジのコメントは秀逸であった。
「ここはアメ~リカ~、カネを払えばなんでもでき~る~♪」
と歌い始めたのである。
確かに、この100ドルの説明をするには、それが一番いいかもね。

PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
URL

PREV - MAIN - NEXT
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH