忍者ブログ
「 Mission completed ...ジェフ千葉をJ1に残留させたスコットランド人 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


サッカーのJリーグは今日が最終節。
米国にいても、結果は気になる。
優勝は鹿島アントラーズの連覇というかたちで決まった。海外や他チームからの大型補強ではなく自前育成選手中心で掴み取った連覇は、本当に素晴らしい。
が、それ以上に興味をもってみていたのは、残留争い。
J2に自動降格する2チームのうち、一つは札幌で早々に決まっていたが、もう一つがこの日決まる。
可能性があるのは、千葉、東京ヴェルディ、磐田。
鹿島が連覇を達成する一方で、かつて鹿島と二強時代を築いた磐田がここに名を連ねていることが、スポーツマネジメントの難しさを物語っている。
3チームの中で、圧倒的に不利だったのは千葉。残りの2チームのいずれかが負けて、かつ自らが勝たなければ、自動降格が決まる。
これまでたびたびこうした状況に置かれて、そのたびに土俵際で踏みとどまってきた千葉だったが、今回こそは年貢の納め時かと思われたが、朝起きて結果を確認してみると、、、なんと千葉が勝利、残り2チームがいずれも敗れて、千葉の残留が確定していた(東京ヴェルディが自動降格)。

この奇跡の残留劇(安っぽい表現だが)を牽引したのは、シーズン途中で就任したスコットランド人のアレックス・ミラー監督。英国プレミアリーグの名門リヴァプールFCのヘッドコーチを1999年から務めてきた人物。今シーズンも首位を快走するこの世界的強豪チームから、極東の弱小リーグの弱小チーム(失礼)に指導者としてやってきたのである。ジェフ千葉はこれまでにもベルデニックイビチャ・オシムなどの優れた指導者を招聘してきたが、これらを実現してきたGMの祖母井秀隆氏が去った後もこうした世界的な指導者を招聘できたことには、改めて驚かされた。何せ、ミラー監督が就任した時点で、ジェフ千葉は11戦を終えて合計勝ち点たったの2点。つまり、0勝2分9敗でダントツ最下位、という惨状だったのである。よくこんな仕事を引き受けたものだ。残留達成後の英国BBCのインタビューでもミラー監督自身「200メートル走を50メートルのハンデを負って争うようなものだった」と語っている(⇒記事はこちら)。しかも同氏は、英国外のリーグでの競技歴・指導歴がほとんどない。現役生活の最終版に、香港のSouth China AAというチームで選手兼監督をやったことがあるだけである。「海外で監督をやってみる良いチャンスだった」と語っているが、それだけのためなら、もうちょっとマシなタテツケもあったのではないか。これほど酷い状況の方が、そして英国から遠く離れたサッカー後進国でのチャレンジの方が、失敗してもキャリアに傷がつかないと彼が考えた、という可能性もなくはないが、万一そうだったとしても、58歳という年齢でこれだけのチャレンジを自分ができるだろうかと想像すると、なかなか自信がない。
ともかくも、ミラー監督が就任した後のジェフ千葉は、新加入選手の活躍もあり、12節、13節と初の連勝。以降2度しか連敗せず、新監督就任後の23戦で計36点の勝ち点をあげて、前述のように一部リーグ残留を達成する。技術的にこれほど急激に進歩するとも思えないので、戦術や選手起用、モチベーション管理などの監督の手腕が貢献した部分が大きいのではないか。まさにコミットした結果をきちんと出す、プロの仕事である。

世界的かつ歴史的な不況の時代、コンサルタントの仕事も、「とても再建は無理ではないか」という会社・案件に出会うことが増えてくるかもしれない。そうした中に乗り込んでいって、これほどの短期間でチームを掌握して結果が出せるのか、そのための方法論は自分の中で確立されているのか、と自らを振り返ると、なかなか自信をもってYesと言い切れないことを思い知らされる。ビジネススクールも残り半年となったが、自らのプロとしての力量を強化し、ミラー監督のような「火中の栗拾い」ができるようなりたいものである。



PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
URL

PREV - MAIN - NEXT
CALENDAR
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH