忍者ブログ
「 Old friend visiting …鉄道屋の再会 」
かつて大学を卒業して最初に就職した鉄道会社の同期G君が、ボストンに訪ねてきてくれた。
新入社員研修で相部屋、1年半の現場経験を経て最初に配属された職場でも同じ課という、当時の人事当局の見識を疑いたくなるような、いわゆる「腐れ縁」の仲間である。お互い青臭かったのか、生意気だったのか、新入社員のときも、オフィスの同じシマで仕事をしていたときも、文句ばかり言って、ルール外のことばかりやっては、怒られていたような気がする。それが10年近く経った今、彼はニューヨーク州のコーネル大学に留学していて、車でボストンに住む私を訪ねて来てくれている。ここに来て、かつて思ってもみなかったような状況に遭遇することにはかなり慣れてきたつもりだが、それでもやはり、これはスゴいことではないかと思う。お互い成長したなあと思うし、運に恵まれたなあと思うし、よくタイミングが合ったなあとも思う。せっかくの機会なので一緒にNBAの試合を見に行ったが、試合を見ている間も、「俺、何でここにいて、何でこいつが横にいるんだっけ?」と実に妙な気持ちだった。もっとも、G君も多かれ少なかれそう思っていたのかもしれないが。

また同時に、この10年でのそれぞれの変わり様と、ボストンでの再会という予想外の展開があり得たのなら、今スローンで机を並べて勉強したり、馬鹿なことを言って笑ったりしている連中と、また10年後にどんなところでどんな風に出会うのか、これも想像を遙かに超えた展開が待っているのではないか、と思う。世の中、そして人の縁というのは、面白いものである。

PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
URL

PREV - MAIN - NEXT
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH