忍者ブログ
「 Distributed Leadership Workshop ...ビジョンが見えますか 」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


MITでは、スローンを含め、1月に定例の授業を開催していない(春学期の開始は2月から)。
代わりに、この期間はIAP(Individual Activity Period)と称して、実に多種多様な短期講座を開催している。扱うテーマは工学、数学、経済学などの学術領域は勿論、スポーツ、語学、料理、音楽、果てはビールのテイスティングまである。一部の例外を除いて、所属学部や現役・OBの別に関係なく、自由に登録・受講できるのも特徴である。

このIAPの講座の一つであるDistributed Leadership Workshopというのに、昨日から参加している。
スローンが主催している講座で、本校を代表する教授の一人であるThomas Maloneがリードしている。
45人限定、3日連続のクラスで、初日と二日目は朝8時半から夕方18時まで、三日目も朝8時半から午後15時までという、短期集中ながらなかなか負荷のかかる講座である。
内容は、その名の通り、Distributed Leadership Model (DLM)というリーダーシップを要素分解・定型化した一つの理論をもとに、その各要素の理解と実習、それを通じた各人のリーダーシップの育成を目指すものである。
Distributed Leadership Modelそのものの解説は、スローン作成の紹介ページに譲るが、私が理解した限りにおけるWorkshopの要旨は、以下のとおりである:

  • Leadershipとは後天的に形成されるもの。LeadershipとCharacterは違う
  • Leadershipとは、Visioning、Sensemaking、Relating、Inventingという4つの要素から構成される。これらは相互に欠くことができず、すべてがバランス良く機能しなければならないが、一人の個人にすべてが備わっている必要はなく、二人以上の個人で分担することもできる
  • Visionとは、天啓のように突如ひらめくものとは限らず、往々にして現実の緻密な観察や分析(Sensemaking)の中から帰納されるものである
  • Sensemakingは、目的的(purposive)かつ全体的(collective)でなくてはならず、次の示唆を誘発するようなもの(generative)で、かつ動的に繰り返されるもの(dynamic)であるべきである。その過程で、我々は目の前の世界を「データ」に置換し、そこから意味合いを読み取っていくが、置換した「データ」はすでに現実世界から選択的に抜粋したものに過ぎない、ということを忘れてはならない(We don't describe the world we see. We see the world that we can describe)
  • Visionは単なる願望ではなく、意識的に選択したものでなくてはならず、個人的なコミットメントが必要である(If there is no personal vision, there is no shared vision)
  • Visionは自らの価値観(Value)と整合していなければならない。価値観を具体的に理解するヒントは、自分が死ぬときにどういう状態でいたいかを考えることである

参加者の中には、
「こんなもの、まったくの時間のムダだよ」
といって不貞腐れている人間も2-3名見受けられたが、私にとっては、部品部品で考えていた自分のVisionを時間をとって整理する良い機会になったし、普段何かひらめいたりすることの少ない自分でも人を引っ張るVisionを持てるかもしれないと、勇気を与えてくれる内容であった。

コンサルティングをしていると、よく「軸」という言葉を使う。
物事を整理・構造化するときの切り口ないし視点という意味で使われる場合と、価値観ないしVisionという意味で使われる場合があるように思うが、どちらの場合も「まっすぐ一本通っている、整合している」というところがポイントである。
そして「軸」のない分析、「軸」のない戦略、「軸」のない経営方針、あるいは「軸」のない生き方は、議論の中でも説得性を持ちえず厳しく糾弾されるし、実際にうまく機能しないことが多い。
2年という留学期間は、自分の中でのこの「軸」を再度整理・構築し、それを貫くことの意味合い・やり方などを学ぶ期間とも位置づけている。そしてその意味で、このWorkshopは滝打ち修行のような、落ち着きと思想の活性化を促す効果があったと思う。

まあ要するに、どんな概念的な話でも、ショーモナイと思って聞けばショーモナイし、想像力を働かせながらオモロイと思って聞けばオモロイ、ということです。

PR

COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
URL

PREV - MAIN - NEXT
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WEATHER@MIT
PROFILE
HN:
Shintaro
性別:
男性
職業:
経営コンサルタント
趣味:
旅行、ジャズ鑑賞
自己紹介:
世の中を素直に見ることが苦手な関西人。
MITスローン校でのMBA、プライベート・エクイティでのインターン、アパレル会社SloanGearの経営、そして米国での生活から、何を感じ、何を学ぶのかー。

ご意見、ご感想は↓まで
sloangear★gmail.com
★をアットマークに書き換えてください
SEARCH
COMMENTS
[05/04 at]
[05/04 generic]
[04/30 Pharmd814]
[04/30 Pharma507]
[04/30 Pharmk29]
最新記事のフィルム
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH